2016-10-15

161015 瑞牆カサメリ

NDD自分、やっとこさ解決間近。

 

朝、目覚ましのセットを1時間間違えていた。
待ち合わせ30分待たせる。
どうもすいません。

カサメリは、空気ひんやりとして秋の気配が漂いだしてきた。
人影まばら。


コセロック前の楓?もみじ?どっちでもいいですけど。

アップは、コセロックで
初の白虎10c
出だしのライン取りによってはずり落ちますな。

白虎10c 出だしくせ者だ。


コロッセオに着いて
YださんはNDDがRPモードなので
自分がクイックドローのセットをする。

かなり仕上がってきたYださん。
前半のトラバース。
ばっちり乾いている。
スローパー余裕で保持できてすんなり抜けるが、
指が冷たい。

6クリップ目
リーチのある人は、フットホールドが卵サイズの穴につま先を入れて背伸びすれば、クリップできる。
届かないのでハイステップして右足左足ともに3ミリほどのカチに乗せてクリップとなる。
Y田さんと自分は同じ足位置でクリップ。

Y田さんは、叫ばずにクリップして通過していく。
オレ、男なのに情けない。
ダメーッ、こえーーーーーっ、
クイックドローをつかむ。
根性なし。

最後の抜け手前の
縦フレークが濡れていてヌルッとしていたのでぞうきんでぬぐう。

この日、クイックドローのセットの後、2便だして
前半のトラバースは、確実になった。
やっと成果が出てきた。
結露してびしょ濡れの穴スローパーでがんばってきたもんな。
あとは、
6クリップを怖がらずにできるようにすることと
縦フレーク取りの立ち込みをもっと力まずにできるようにすること。

今シーズンは、時間切れで落とせそうにないが、
ここに来て、まだ遠くだが、ゴールが見えてきた気がする。

来週あたりは、下から上までルートのホールドすべて乾くのだろうけど
寒くなって指の感覚がなくなってしまうのかも。
このルート、申し分のない条件を望むこと自体無理なんだろう。

MださんもNDD3カ月ぶり2日目でもトップアウトしてました。

0 件のコメント:

コメントを投稿