2016-10-30

161030 榛名黒岩


ヨッシーさん。やっと半分すぎたところ。

最初の予定は、ヨッシーさんとカサメリだったが、
寒すぎるので黒岩のエンドオブアレインボー5.12bになった。

黒岩北面もさぶー。
標高1000mで遮るものなし。
寒気が入ってきていたし、
10時に太陽が岩陰に隠れた。
北面に2人だけでさぶさみしー。
こんだけ寒いんだったらカサメリに行ってもよかったかと思ってしまった。

2便目にやっとトップアウト。

12bは何本か登っているが、甘いとか辛いとかよりも異質だ。
薄かぶりフェイスルートの特徴にプラスして長くて高い。

真ん中あたりが7~8手の核心。
カチと甘いホールドで重心移動と体軸の使い方が必要となる。力ずくで解決ではない。ムズい。

そこを抜けても終了点が遠くに見える。
後半やさしくなるかというとそうでもない。
小さいホールドに立ち続けるので足指が痛くなってくる。

多彩で派手なムーブを繰り出すルートではないし
エクセレントパワーほど有名でもないし、グレードも12bと中途半端。
北面は実質これだけなのでギャラリーもいない。

でも日本100名ルートに入っているだけのことはある。
自分達だけの岩場で自分達のペースでじっくり静かに取り組める。
集中力を保って高く高く登っていく、これこそがクライミングの本質なんだと感じられる。
落としたときに振り返って関東平野を見おろしたら気持ちいいだろうな。
しかもお買い損。
どうだ。自分的にはこういうのが好きなんだよね。いいルートだぜ。

三日月ハング。スズメバチがよってきてしまって断念。
2人で2便ずつ出して
寒いままだし、もっとこのルートになれないと3便は出せないとなり
2便で終わりにしてヨッシーさんが黒岩初めてなので
東面南面で遊んで帰ることにする。

東面に回って南面に上がってくると違う世界。
ややひんやりで日曜日のおだやかなクライミング日和。
北面は、裏面といった方がいいような気がした。

今世紀最強寒気だったとか。
まあ、今世紀中には登れるようになりましょう。

次回は、天気予報と相談だ。














メモ

ロープとクイックドロー

60mロープ
100岩場には38mと書いてあるが、60mロープでロアダウンすると地面に届かない。薄かぶりのため壁から1~2m位離れる。
ビレイヤーが斜面を登ってクライマーが木の枝をつかんでスイングして1.5m位の高さのところで壁に貼りつきなんとかビレイを解除できた。

降りてくるときに屈曲しているところのクイックドローからロープをはずしできるだけまっすぐにしてビレイヤーが斜面を少し上がると地面まで届く。
ロープの末端に結び目を作ってすっぽ抜けないようにしないとやばい。

自分は、コーティングされている軽い9.2mmの60mロープを使ったが、それでも後半のクリップ時にロープの引き上げが重くなった。

50mロープなら ルートの真ん中に2つ横に並んでRCCボルトとハンガーボルトが打ってある。ハンガーボルトにはカラビナが掛かっている。そこでロアダウンのロープをセットし直せば、50mロープでもロアダウン可能。やや危険だし、面倒。

終了点
終了点は、ハンガーボルトが2つにそれぞれカラビナ。
カラビナに古いロープが幾重に輪になって掛かっていてロープにカラビナが2つ。
ロープは、ぼろい。
ひとつのゲートがうんともすんとも動かなくなっていたので1枚寄付しておいた。
カラビナ4つも使われているならステンレスチェーンをハンガーボルトにマイロンでつなぎ残置のカラビナを下に使えばいいと思うのだが、

クイックドローは、最初のリングボルトを長スリングにして14セット。
途中屈曲が気になるなら2~3カ所で長スリングを使うか、クイックドローを連結。その場合ぶら下げるクイックドローが増える。どんだけ重いんかでスタート。


長いルートなので1便あたりも時間がかかる。ビレイヤーの首が疲れる。
途中セルフ取ってぶら下がる間は、ビレイヤーに座ってていいですとでも言うべきかも。


スズメバチ
まだ一匹出入りしていた。もう刺されることはないと思うが、


他のルート
レインボーの右に2ルート11台のナチュプロとボルトのルートがあるようだが、RCCで錆びている。コケや土で汚れて登る気になれない。
レインボーの終了点までまっすぐに登り上げるエンドオブアギャラクシー12dのボルトはしっかりしている。ボルトそのものが少なくてランナウト。見た目どこにホールドがあるんかいの12d。
なので他にルートがなくビレイヤー選びは絞られる。
11台までの人と組むと東面南面を行ったり来たりで結構疲れるのを覚悟。
やりたいと思っているクライマーがいる割にやる人が少ない理由だろう。


ムーブ
1カ所、核心に入った直後、左右1cmのカチで上体を保持しながら左手で縦ホールドを取るのができなかった。
足に乗って重心を上げると指が抜けるし縦ホールドをとらえてももやっとして持ちきれない。
体格はほぼ同じだが、ヨッシーさんはできていた。
そこは、やはり13cクライマーと12cクライマーの差なんだろうな。

核心を抜けて左にトラバースは、ややランナウトして落ちたら振られるし、その後甘い外傾ホールドのパートが出てくる。
ここいらむずかしくはないが、高度感が出てくるのでシビレル。
12クリップ目あたりで縦フレークでスタンスがなくなるところがややムズい。
なんとか解決したが、どうやったんだか覚えてないしというか覚えきれない。
両手ブラでレストできるところはない。


0 件のコメント:

コメントを投稿