2016-11-05

161105 有笠アドベンチャー

紅葉がいい感じでした。


MJとTKIさんと有笠アドベンチャー。

アップ
いっぷくエリア大福5.9
やったー。
これでいっぷくエリアコンプリート。
5.9から11aまでの4本しかないんですけど。
フェイスブックにあげても「いいね」は、ほぼ無しなんだろうな。

次、宝探し10c。これも初めてだった。登れましたー。
やったー。
あとは、昼寝でもしてようか。
この次元で満足か。
テンション低いぞ。
いかんです。

TKIさんは、アドベンチャーの用心棒12bを落とす!つもりだ。
なので横はいりして自分も用心棒を触ってみるかで
テンション少し上げる。
こちら本気なRP便のTKIさん

こちら風邪引いて仕事休んだけどクライミングは休まない人。正しいです。

































用心棒
1便目
下から見ていていったいどこにホールドがあるんか?登れる気がしねえ。
で、探りのつもりが、なんとびっくりだいたい解決。

2便目
ホールドの持ち位置、引く方向、足の置き位置を修正。
ほぼ解決。

3便目
今日は、2便でいいのにとか言いながら、
自分がクイックドローの回収かしょうがないなとか言いながら、
本気で3便目を出す。
途中で力尽きるのだろうから、RP便ふーなフリに過ぎないけど。

RP便フーな出だし。

4クリップ手前の縦穴取り、がっつり取れるつもりで左手を伸ばしたら右手がすっほ抜け。
午後4時近くになって気温が下がり、穴ホールドの中が湿っていたためだ。
ここいら積み重ねた経験でカバーして想定しておくべき。
残念ながら経験を蓄積するための学習能力も衰えている。

悔しそうな声は上げたが、あくまでもRP便ふーだから、はたから見れば、悔しがるほど登れてるわけではないのだろう。

次回は、まじRP便を出すつもり。
問題は、日が空くとまたホールドとムーブを忘れるところ。
スプートニクのイメージだけど知らないかなあ。
村上春樹の小説の方が知られてるかなあ。
毎回新鮮でオンサイトトライの気分が味わえると思えばいいのだろうか。

自虐的じゃねえぞ。
冷静に自己評価しての積極的ですから。




















0 件のコメント:

コメントを投稿