2017-11-25

20171125 二子祠

ぽかぽかした1日でした。






























二子に来たぞ。

だが、弓状じゃなく
持久力をつけるため祠で鬼ヶ島

ピーマンでアップして
1便目
途中から間違えて右となりの鬼ごろしに行く。
気づいたときは遅し。
行けそうと思ってそのまま突っ込んだが、鬼に退治された。
まじ12abか?核心理解できん。

2便目
確か1年半ほど前にやったときは、終了点でサイドガバに持ち変えられずに落ちていた。
それをすっかり忘れてサイドでとらずにスローパーで保持。我慢したが落ちた。
もう一回終了点のムーブやり直し、
今度は、意図せずジャミングになった。
つうか、意図せずって意味は、思わず指が挟まってしまったってことで
がっちりだけれど想定外の指イタタ。

3便目
久しぶりの石灰岩のピンチ持ちやらアンダー持ちやらでにぎにぎしたため、指皮すり減ってうっすらピンク。
3便出したら皮がなくなる。
血のにじむ思いとはこれを言うのかとか。
終了点でまた指挟んだらちぎれそうとか。
出だしですでにややネガティブ。
負けそうな自分を追いやってほいほい行ったが、
今度は、そのまま行き過ぎて途中から左のごんべえに行きそうになる。
ごんべえに行ってしまうってしかも3便目にってのは、自分でもひどすぎると思います。
クライムダウンして鬼ヶ島に戻り、登り返したが、前腕つきる。
7クリップ目あたりでテンション。
というか、こんなんですでによれてました。


休み休みでトップアウト。
11台にしては、長くてつらいけど自分のムーブ力でも登れそう。
しばらくやれば、なんとかなるかな。


今日の登れなかった原因は、
持久力不足だけではなく
脳みそポンコツだった。

次回、
鬼ルートなので
桃缶か、きびだんごを食べて成敗するのがいいのかも。

2017-11-19

20171119 有笠アドベンチャー


急に寒くなった。
12月末並みの寒気が入って来たとかで中之条は朝まで雪の予報で
スタッドレスタイヤに履き替えた。
1,000m以上で雪だったのか榛名山の榛名富士は真っ白になっていた。

有笠の山肌が真っ白になっていると思っていたが、道にも山にも雪はなし。
東口の登山口からケイブとアドベンチャーに分かれてはいる。
自分達は、多少は日当たりがよいアドベンチャーだが、
気温は、日中でも4~5度。
だんだん寒くなるのなら体も適応していくのだが、
一気に寒くなってしまったのでしんどい。

いっぷくエリアでアップを2便だして
感謝の心を3便出した。
各パートごとのムーブは、思い出せて再現出来た。
確実にムーブができるわけでもないし、無駄な力を使いすぎなので
まだまだすんなりは登らせてもらえないが、
やっと12aのルートでもどうにかなりそうなレベルまで来た。

帰りに子持の湯に入って冷えた体を温めていたところ、
左足の小指に違和感が、
付け根にちいさい魚の目発見。
やんなってくる。


2017-11-05

20171105 有笠ヘルケイブ


有笠の山も色づき






















谷川岳の稜線は白くなり、


東北東に面したヘルケイブは、日差しが入ってこないので寒い。
ビレイヤーはダウンジャケットを着だして























昔一緒にルンルンをやっていた友達は、正対引き付け師を解決しだして






































まだ12なんてと思いつつ、
ここに来たら登れなくても練習とブラストをやる。

4年前に登ったときのムーブを思い出した。
そんなむずかしい登り方をやってたのか。

怖くて動けねえ。

12に手を出す気になったんだからよしとしましょう。